カウンセリング・悩み相談の心in所沢

心理カウンセラーが綴るカウンセリングの小話&日記

心理カウンセリング、心の悩み相談はこちらです(管理人所属の相談室HP)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンセリングの上手な使い方

カウンセリングをやっていると、やはり様々なタイプの方がいるなぁと感じます。

様々なのは当たり前ですが、カウンセリングに対する臨み方・利用の仕方、という点でも人によって様々です。

これは、カウンセリングに対するイメージや事前に取り入れたカウンセリングに関する知識・情報などが影響しているのだろうと思います。

本来、どんな臨み方であろうと、カウンセラー側が適切に対応しなければならないところではあります。
ただ、これを知っておくと、カウンセリングの時間をより充実したものに出来るかもしれない、と思うことがありますのでそれについて述べてみたいと思います。
(私個人的な範囲での見解です)。

・カウンセリングは受けるものではなく、利用するもの。

カウンセリングというと、“受ける”という言葉がよく使われますが、本当は“受ける”より“利用する”という言葉の方が適切だと私は思います。
受ける、というと、どうしても受動的なイメージになりがちです。
カウンセラーのアドバイスあるいは施術(?)を受けるという構図を想像している方も多いかもしれません。

しかし、カウンセリングというものは、カウンセラーが一方的にアドバイスするものではなくて、相互的なものです。
どちらか一方だけが喋るのではなく、お互いにやりとりを重ねていくようなイメージをしていただけるといいかと思います。
また、来談する方が自ら考えていったり実践していくことも大切です。

ですから、カウンセリングを受ける・カウンセラーの言葉を待つという臨み方だと、ややギャップがあるかもしれません。

(もちろん、カウンセラーは何も言わない・しないというわけではありません。
カウンセラーは、それらをより明確に・より安全に・(時に)より効率的におこなっていくための相談相手あるいは環境ととらえてくれるといいかと思います。)

カウンセリングは、来談者とカウンセラーの相互のやりとりが進むほど真価を発揮する性質があります。
そのために、一回で50分~60分ほどの時間が設定されていることが多いのです。
(それでも短いと感じる方もいますが・・・)

喋ることや人に会うことが苦手という方もいますが、それはそれで構いません。
ただ、イメージに引っぱられて敢えて受動的な態勢をとるのはもったいない、ということです。

他にも述べたいことはありますが、またの機会に。

スポンサーサイト

不安への対処法(2)

不安への対処法(1)の続き

一通り、書き出してみたら、あなたの心の中の不安が実際に対象として目で見ることができます。
すると、意外に簡単に解消できそうなものもあることが分かります。

特に、上の例であげた些細な不安は行動すればすぐに解決できることも多いかと思います。
漠然と不安になっている状態では、こういった些細な事柄もクリアに意識できていないが故に、行動するという選択肢が無意識になくなっていることがあります

もし、書き出したものですぐに解決できそうなものがあれば、実際に行動してそれらを解消してみましょう。
解消されたら、書き出したノートの解消した項目に 解決済マーク などをつけてみます。
すると、不安の項目の数が目で見ても減っていきます。
自分にとっての核心的な不安は未だ解決されていないかもしれませんが、これだけでも、ノートに書き出す前とは少し気分が違っていると思います。
少し、余裕が出てくるのです。

この時点で、最初にあげた
1.不安の対象がはっきりしていない
2.普段は気にしないような些細なことまで不安になっている
はクリアしていることになります。

3.心の中で不安な事柄の居場所がなくなっている
ということに関しては、核心的な不安を受け入れる状態になっているかはまだ微妙かもしれません。
それは、強敵だからです。

ただし、自分にとっての核心的な不安が何だったのかを、以前よりは落ち着いてとらえることが出来るようになると思います。
そして、このことによってその不安に専念することが出来るようになるかもしれません。
エネルギーの分配がうまく機能するようになるからですね。

このような方法で、たまにでも 心の中のお掃除 をしていくと、泥沼にはまることが減り、うまくいけば自分にとっての最も難しい問題にもうまく対処することが出来るかもしれません。

また、これは一人でもできる不安への対処法ですが、不安の程度が強ければ強いほど一人では対処できないこともあるかもしれません。
その場合は、カウンセリングでカウンセラーと一緒に不安への対処に取り組んだり、心療内科などでお薬を処方してもらったりすることを、選択肢として考えてもいいかと思います。

不安への対処法(1)

以前、なんとなく不安、という記事で漠然とした不安について述べました。
今回は、その第ニ段で比較的簡単にできる漠然とした不安への対処法について書きたいと思います。

以前の記事で、漠然とした不安に悩まされている状態は…

1.不安の対象がはっきりしていない
2.普段は気にしないような些細なことまで不安になっている
3.心の中で不安な事柄の居場所がなくなっている
といった特徴があることを述べました。

これらのことを踏まえた上で考えていけば、不安への対処法が見えてきます。

つまり、不安の対象をはっきりさせ、不安になっている些細なことを解消し、不安だった事柄の居場所を心の中につくってあげる、ということをします。

ここで、助けになるのが、不安の外在化です。
心の中にあることを現実世界で対象として見えるようにします。

具体的には、ノートやメモを使います。
まず、心の中で浮かぶ自分が不安になっていること・思っていることを箇条書き風に出来るだけたくさん書き出します。

たとえば・・・
今週中にやるべきレポートをまだやっていない…友達に言った一言が相手を傷づけていないか心配だ…等

また、ここで自分ではつまらないと思われる些細なことでも書き出しましょう。
意外に些細なことでも、不安や心の気持ち悪さにつながっていることがあります。
明日に持っていくものの準備をまだしていなかった…~の支払いの期限を確認していない…家の鍵閉めたっけ?…等

また、不安の原因となっている核心的な事柄は真っ先に出てくる人もいれば、意識したくないためなかなか書き出せない人もいます。
今後の恋人との関係が不安だ…受験に合格するか不安だ…等(内容は人によります)。

こうやって、不安に思っていることのリストを作成していきます。

不安への対処法(2)に続く…

細木数子さん‐考察(2)

細木数子さん‐考察(1)の続き

細木数子さんの場合は、この構えをわりと急激に崩す印象があります。
まさしく、ズバリ言うことで崩していますね。
細かく見ると、構えを崩す技術として、相手を混乱させる、ということをやっていると思います。

時々、相手が??と思うようなことを言っていますよね。
当たり前かもしれませんが、混乱させられると人間いったん構えが崩れるんです。

そして…崩れた状態になると、新しい考え方や発想が取り入れやすくなったり、生み出しやすくなったりします
これが、再構築 ということです。
歴史上でも同じ現象をたくさんみることが出来ますよね(~革命など)。

また、表情もうまく使い分けているように思えます。
相手の構えを崩す時は、かなり厳しい表情をしていますよね。
そして、相手が崩れて再構築の段階になると、かなり穏やかで優しい顔になっています。
このメリハリも細木さんの得意技だな、と私は感じます。

また、アプローチそのものだけでなく、構えの崩れやすさにはアプローチ以前の要因も関係していると思います。
その要因として、信頼関係というものが一つはありますが、カウンセラーのカリスマ性ということも関係しているかもしれません。
そういう意味で、知名度が高くカリスマ性を持つ細木数子さんは今回述べたようなアプローチが際立つ印象があるのかもしれません。

年末年始、細木さんがご活躍する番組がたくさんありそうですが、六星占術というより彼女のアプローチに注目してみると、それもまた面白いかもしれませんね☆

(※今回述べたことは、あくまでTVの一視聴者としてものであって、面識もありませんし普段の細木数子さんを知っている訳でもありません)。

細木数子さん‐考察(1)

TVで悩み相談風のことをやっている方を見ていると、職業柄かついつい注目してしまいます。

今回は、心理カウンセラー(私)から見た細木数子さんのアプローチについて述べてみたいと思います。
(あくまでTVの一視聴者として、ということになります。)
それと、六星占術ということに関しては何も述べません。

ズバリ(笑)、いったん相手を崩して再構築する、ということが細木数子さんのアプローチの特徴だと思います。

悩みごとがある・ないにかかわらず、人間というものはこれまでの人生で構築してきた考え方なりパターンなりがあります。
これらが“構え”や態度として相談場面でも顕れてきます。

良くも悪くもこの構えは“変化(自己改革)”に抵抗する性質があります。
悩みごとがあり、変化を望む人ですら無意識に“変わること”を拒んでいることもあるのです。
これまでの自分も大切な自分ですし、簡単には相手に心の奥底をさらけ出すわけにもいきませんからね(構えが崩れるとはそういうことです)。

ただ、急激な変化・自己改革を求めるのなら、自分のこれまでの考え方やパターンが崩れるような状態が生じる必要があります。
また、この急激さはリスクを伴いますので、私的には相手の状態によって注意が必要だと思います。

この“構え”に対してどうアプローチするかは、カウンセリングでは様々な考え方と手法があります(直接はアプローチしないことも含め)。
私個人は、急激なアプローチは控えめにしている方かなと思います。

で、細木さんの場合は…

細木数子さん‐考察(2)に続く…

家族という視点(2)

家族という視点(1)の続き

心理的な問題ということで考えた時、素因ということもありますが、やはり“関係性”という視点は外せません。

家族というものは、家族成員それぞれが密接な関係を持ちつつ、それ自体一つの単位(要素)として機能しています。
家族を一つの単位(要素)と考えるのですね。
家族さん、という一人の人や生物を想像してもらえるといいかもしれません。

“家族さん”を人と考えると(生物でもいいですよ)、家族さんは自らのバランスを保とうとする傾向があります。
たとえば、人が空気椅子(?!)をする時に足や膝や手に力をいれてバランスをとったり、左目の視力が悪い人は右目をより多く使うように、家族さんもこの世界の中で自らのバランスをとりながら頑張ってるわけです。

上の例では、膝や足に力をいれたり右目を多く使っているので、当然ながらそれらの部位には負荷がかかりがちです。
その負荷が強すぎると、その部位が故障したりなんらかのダメージがあります。
これがIPですね。

ですから、ダメージのあった部位のケアということも大切になりますが、その部位だけでなく両目の視力としてのケアを考えたり、空気椅子をやめる、ということをしてもいいわけです。

このように、当人をケアするという発想のみならず、“家族さん”として問題をとらえ、IPを含めた家族に介入するという発想もあるのです。
まあ、介入までいかなくてもこの発想があるだけでも時に役立ちます。

誤解なきよう言っておくと、この発想はパパが悪い・ママが悪い・お姉ちゃんが悪い…等のことではなくて、“家族さん”としてとらえようということです。
つまり、主体を家族としてとらえれば(自分がIPでなくとも)IPの痛みも自らの痛みであり、家族という自分のためのケアである、と考えることもできるかと思います。

また、家族さんという一つの単位として考える有用性は、家族成員それぞれの結びつきがどれほど濃密かということも関係してくるかな、とは思います。

家族という視点(1)

カウンセリングにおける家族という視点について述べてみます。

カウンセリングや心理療法というものは、基本的にカウンセラーと来談者の一対一の構造をとっていることが多いと思います。

また、多くの場合、カウンセリングに来る人については、クライエントという用語が使われています。
病院の場合は、患者という呼び方が多いと思います。

当然ながら、カウンセリングには、自分に何らかの問題があると思っている人・困っている人が来ることが多いと思います。
ただ、それだけではなく、何らかの問題があると“されている人”が家族に連れられて来ることもあります。

しかし、その場合も、連れてきたご家族はあくまで問題があるとされている当人だけを問題としていることが多いです。
(ややこしい言い方ですみません…)。

ここで、少し話は変わりますが、臨床心理学の中には家族心理学・家族療法という分野がありまして、“問題とされている人”のことをIPと呼んでいます。
上に述べたようなクライエントや患者という呼び方ではないのです。

IPとはidentified patientの略です。
patientだけなら患者ですが、identifiedが付いているわけですね。
“患者とみなされた人”ということです。

まわりくどい言い方のようにも思えますが、これには理由があります。
たとえば心理的な身体症状や問題行動がある人(IP)がいるとします。
しかし、その当人だけを切りとってそれらの問題は語れない、ということです。

この辺りを私なりに説明してみようかと思います(あくまで私なりにですけどね)。

家族という視点(2)に続く…

出会いがない?(2)

出会いない?(1)の続き

3.出会いは求めているが、人と仲良くなることがほとんどない。

このタイプの方は、本人の思いとは裏腹に、第三者からは“出会いを求めていない・人と仲良くしたくない”ように見えていることがあります。
一見、不思議なことですね。
他人からはそのように見えているので、実際になかなか仲良しになってくれる人が現れません。

このタイプの方は、本人が気付かないところで心のシールドをはっていることがあります。
自分自身を防衛しているわけです。
人と仲良くはなりたいが、人に近寄られのは恐い、という相反した感情が同時にある状態です。

この二つの感情があることをあまり自覚出来ていないと、嫉妬などの感情や不全感が募ってきます。
出会いがないのは周りのせいだ、ということになるからです。
なので、本人はちょっとつらい状態だと思います。

この状態から脱するには、とても器が大きく心の優しい人に(偶然でも)出会えれば心は開いていきます。
しかし、これはあまりあてにできない方法ですね(もちろん優しい人はたくさんいますが)。

やはり相反する感情を自覚することからスタートすると思います。
同時に、仲良くなるスキルを身につけることも大切です。
スキルを身につけるには“少しずつでも勇気を出して人とのかかわりを経験していくこと”が最も効率のいい方法です。
色々難しいなら、カウンセリングを利用するのも一つの選択肢かもしれません。

番外編として…
素直に出会いを求めているが、新しい人に出会えない。
ということもありますよね(これが一番多いか…)。
この場合や出会う方法みたいなことは・・・他の方を参考にしてくださいねw

一つ言うなら、日々のルーティンワークにいかに変化をつけられるか、というところかと思います。
あと、「今はこんな時期なのかも。やること色々あるし。」ってとらえることも時には大切かもしれませんネ。

出会いがない?(1)

「最近、いい出会いがないのよね~」という言葉ってよく耳にしますよね。
今回、出会いがない悩みについて私なりに考えてみようかと思います。
(あまり語る資格はない気もしますが…)。
別に“異性との出会い”という話に限っているわけではないです。

出会いがない原因は各個人によって色々と考えられるでしょうが、3タイプに分けて考えてみました。

1.実際はそんなに出会いを求めていない。
2.たくさんの人に会っているけど、出会いがないと感じている。
3.出会いは求めているが、人と仲良くなることがほとんどない。

では、それぞれについて考えてみます。

1.実際はそんなに出会いを求めていない。

この状態の人は、現実の人間関係にそれなりに満足している、という人が多いでしょうね。
それなりに満足している人は、そもそも「出会いがない」ということは言わないはずですが、あえて謙虚に言ってみたり世間話の一つとして言っている人もいますね。

もう一つのパターンは、人間関係などにものすごく疲れている、著しく心身の調子を崩している、という場合もあると思います。
この場合、人に会うエネルギーや欲求が出てくるまでは、休息することも大切だと思います。

2.たくさんの人に会っているけど、出会いがないと感じている。

このように感じている人は、人に対する要求水準が高い、ということがあるかと思います。
他人に対して要求水準が高い方は、相手や周囲の人をそれほど深く見ていないことも多いものです。
出会いの入口のところで、自分から却下している状態ですね。

ですから、だまされたと思って、もうちょっと周囲の人との交流を深めていくのも悪くないと思います。
ちょっとでも魅力を感じる人からはじめるといいかもしれません。
もちろん、いい出会いをする確率を高めたいなら、という話ですが。

自分の存在を認めてもらいながら、相手のことをもっとよく知っていくと、同じ人でも魅力的に感じることもあるかと思います。
世の中、そんなにつまらない人ばかりではないと思いますよ。

また、2.のパターンは3.のパターンと同じメカニズムもあると思いますので、次の3.の部分も参照してみてください。

出会いがない?(2)に続く…

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。