カウンセリング・悩み相談の心in所沢

心理カウンセラーが綴るカウンセリングの小話&日記

心理カウンセリング、心の悩み相談はこちらです(管理人所属の相談室HP)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢分析?(2)

夢分析?(1)の続き

を題材にすれば必然的に内面に目を向けるかたちになります。
そこから、イメージ・情緒・思考の展開が期待できるかもしれません。
なので、こんな私でもごく稀に夢について話をふってみることがあります。

もちろん、時期尚早ということもあるかもしれないし、内面について考えたくなければそれはそれで構わないので、一つの選択肢(提案)ということです。

また、先ほど心因的な身体症状ということを書きましたが、社会的には忙しくバリバリに働いて活躍している方などに内面に意識を向けることが苦手な方が多いように感じます。
何か不調を感じ、病院に行ったら「なにか心の問題だろう」と言われカウンセリングに来たはいいが…といったパターンが多いです。

人間あまりにも自分の気持ちや心に目を向けなくなると、難しいことは考えないが、なんとなく渇いた感じになってくるのだと思います。

そのような場合、カウンセリングの利用如何にかかわらず、毎日見ている夢に少し意識を向けてみることも悪くないかもしれません。

逆に、誰が言うでもなく、夢を意識していたり、自分の気持ちについて色々と感じ考えている方たちもいます。
このような方々もある意味優れていると思いますが、泥沼にはまることもあるので、一方で現実感覚も大切になってくるのではないかと思います。

スポンサーサイト

夢分析?(1)

カウンセリングというと、夢分析というイメージを持たれている方もいるかと思います。

夢をカウンセリングで取り扱うかどうかは、積極的に扱うカウンセラーとそうでないカウンセラーがいると思います。

主に、精神分析(フロイトやユング等)に傾倒しているカウンセラーは夢を話題にする方が比較的多いのではないでしょうか。

夢を扱うといっても、「あなたは~の夢を見たから~です」といった断言して終わるものではなく、“そこから何が連想されるか・それについてどう感じるか”といったことを重視していると思います。

で、私は自分から夢を話題にすることはほとんどありません。
(余談ですが、私の学生時代の指導教授は夢の専門家でもありましたが、それにもかかわらず…)
ありませんが、来談者の方から夢の話をされることもあるので、それは拒否しませんし、ごく稀にこちらから夢について尋ねることもあります。

夢を通して、どうなるか、ということについては色々あるのだと思いますが、私は分析うんぬんの前に一つ重要な意義を感じることがあります。

それは、に意識を向けるとその人が自分の内面に目を向ける、という点です。
ひどく当たり前のようなことなので、色々な人からお叱りを受けそうですが、どうぞお許しを。

というのも、カウンセリングに来ているにもかかわらず自分の気持ちや内面に目を向けることが苦手な方も意外に多いのです。
(心因的な身体症状が出ている方などに多いです)。

夢分析?(2)に続く

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。