カウンセリング・悩み相談の心in所沢

心理カウンセラーが綴るカウンセリングの小話&日記

心理カウンセリング、心の悩み相談はこちらです(管理人所属の相談室HP)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩む時(2)

悩む時(1)の続き

多忙な人はどうかというと、多忙で悩んでいる暇がないので、比較的悩みにくいようには思います。

より正確には、悩んでもあまり引きずらない・泥沼化しにくいという感じでしょうか。
同時進行で色々と考えるのは普通困難だからです。

そうなると、暇な状況より、忙しい状況の方がいいようにも思えますが、これもそう単純ではありません。

“適度な”忙しさならいいのですが、キャパシティを越した忙しさはそれ自体がストレスになりますし、休むということを忘れてしまったかのように倒れるまで走り続ける人達もいます。

また、暇‐悩みが生じる時空間を作りたくがない故に、敢えて忙しくしている方もいます。
これは、適度なら一つの健全な対処法だとは思います。

実際に、家であれこれ悩みの原因や解決について考えるより、勇気を出してとりあえず外に出た方が遥かに問題の解決が早い場合もあります。

ただ、本当は考えなければいけない(と本人が思っている)ことや、何かから目をそむけたい一心でひたすら走り続けている場合(これは無意識のこともあります)は、知らず知らずにより悩みの大きさが大きくなるので、少し休んだ方がいい場合もあります。

暇な時は悩みやすく泥沼にはまりやすいけれども、とても忙しい時は悩みに気付きにくい、という言い方ができるかもしれません。

ポジティブな言い方をするならば、適度な暇は色々と味わい深くなり、適度な忙しさは現実的に歩を進めていく、という感じでしょうか。

結局は、バランスが大切ということですね。
スポンサーサイト

悩む時(1)

人が、どんな時に悩むかということについて考えてみたいと思います。

悩みがある時に悩むという当たり前の言い方もできますが、今回はどんな状況・時間の進み方の時に悩みやすいか、ということについて述べてみたいと思います。

具体的には、暇な時と忙しい時、どちらの方が悩みやすいか、です。

私見ですが、悩みやすいのは、多忙な時よりも暇な時だと思います。
することがない時といってもいいかもしれません。

人間、心の隙間(空いた部分)がある時は、そのスペースを何かで埋めたくなる傾向があるように思います。
あるいは、暇になるとそれまで考えないようにしていた悩み事が浮かんできたりするものです。

暇を単純に余暇として楽しんだり、楽しい空想や未来志向のもので埋められればいいのかもしれませんが、ネガティブなことや嫌な過去・未来への不安等でいっぱいいっぱいになってしまう場合もあります。

さらに、その方向性をつきつめればつきつめる程、泥沼化していくこともあります(つまり、方向を変えればいいわけですが)。

なので、休むことばかり強調するカウンセラーもいますが、今はカウンセラーによっては、簡単に会社や学校を休むことや辞めることを推奨しない場合もあります(カウンセラーの傾向は、時代や理論背景なども色々とからんでいると思います)。
もちろん、個々人によって事情も対応も異なりますので、一概には言えませんが。

続きで、忙しい時について述べます。

悩む時(2)に続く

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。