カウンセリング・悩み相談の心in所沢

心理カウンセラーが綴るカウンセリングの小話&日記

心理カウンセリング、心の悩み相談はこちらです(管理人所属の相談室HP)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学食

先日、心理士等を対象にした研修で東京大学の本郷キャンパスに行ってきました。

東京大学には初めて行きました。
赤門を通って入り研修会場が有名な安田講堂だったので「へ~これがよくきく赤門と安田講堂か~」など思いちょっとした観光気分になりました。

研修はアメリカから来た心理の教授が講義をしてくださり、同時通訳の機器を使いながら聞きました。
(当たり前かもしれませんが)ものすごい速さで同時通訳していて「プロってすごいな~」と感心しました。
「通訳の方ついてきているかな?」という言葉に対し、「ついてきてますよ!」等の返事はせずそれも忠実に訳していました(笑)。

さて、この研修での私にとっての最大の関心事は学食でした。

最近の大学の学食は美味しいという評判を聞いたり、ニュースの特集でも学食特集を見たことがありました。
一般に学食を開放している大学もあるようです。
特に東京大学の学食は有名なようなので、期待しました。
学生時代の学食が今は気軽に食べられないのが時々残念にも思っていましたので。

お昼になり、大学院時代の仲間にも偶然会ったので合流し三人で学食を食べました!
まずセルフでお茶を注ぎ、その薄さに感動しました(学食らしい)。
私は、定食を食べましたが、東京大学といえども学食特有のチープ感とお得感があり、とても満喫できました。

味は、そもそも高級レストランのようなものを期待しているわけではないので、十分満足です。
一緒に食べた仲間が言うには「まあまあだね」とのことです。
ただ、フライにトマトソースのようなものがかかっていて東大は洒落てるなぁとも思いました。

ざっくばらんな学食職員の方たちの雰囲気や、おおざっぱだけど値段が安く量が多いところなども学食はいいですね。
うまく言えませんが、一番はやはり慣れ親しんだ味がするというのがいいのかもしれません。
(東大学食でも私の学生時代の学食の味に似ていました)。

また機会があったら是非どこかの学食を食べてみたいなぁと思います。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。