カウンセリング・悩み相談の心in所沢

心理カウンセラーが綴るカウンセリングの小話&日記

心理カウンセリング、心の悩み相談はこちらです(管理人所属の相談室HP)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「変わってる人」って何だろう

心理学を学ぶ人や心理士を目指す人は、変わっている人が多い、という話をよく聞きます。

でも、心理の分野に限らず「あの人は変わっている」とか「私は変わっている人」というのは、よく聞く言葉ですよね。

「変わっている」とは何を指すのでしょうね。

変人という言い方もよく聞きますが、それの指す内容は、実はそれほど一定のものがあるわけではないと思います。

ちなみに「私は変わっている」ということをひそかに嬉しそうに思っている人も多いですし、「あの人は変わっている」ということを批判的に言う人もいます。

つまり、実態がどうであるかより、何かを言うために、変わっているという表現が使われている部分も大きいかと思います。

(基本的に実態はないと思いますが、心理の分野特有のものとして、漠然と指していることは恐らくありますが、それについてはまたいずれ書きます。)

しかし、基本的には心理の分野に限らず「変わってる人」はいくらでもいますし、多くの領域・業界で変わっている人はたくさんいるのでしょう。

変わっているのか、(どこにでもいるのなら)変わっていないのか、よく分からなくなってきますね。

変わっているということを気にしてしまう方は、そんなもんだ、と思ってもいいかもしれません。

自分のアイデンティティとして、あるいは誰かについて「変わっている」と思いたい・考えたい方は、なぜ変わっていると言いたいか、に着目してみるのも面白いかもしれません。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。