カウンセリング・悩み相談の心in所沢

心理カウンセラーが綴るカウンセリングの小話&日記

心理カウンセリング、心の悩み相談はこちらです(管理人所属の相談室HP)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラウマ(2)

トラウマの小話、第2回です。

前回トラウマとは、過去に受けた心の傷が現在まで影響を及ぼす現象だ、と述べました。
じゃあ、どんな影響があるのでしょう。

ドラマとかになりそうな話としては、多重人格(解離性人格障害)などもありますが、これは滅多にいないのではないかと思います。
ただ“人格が変わる”ほどではなくても精神的に不安定になるということは多々あると思います。

比較的多いと思われるのが、フラッシュバックと呼ばれる現象です。
過去のトラウマとなった出来事が、突然ババッと思い出され脅威に感じます。
その出来事からかなりの月日を経た後でも、です。
しかも、同時にリアルな感情も喚起され泣いてしまう方などもいます。

フラッシュバックに関しては、一つの説明として、トラウマとなった出来事が心の中で“冷凍保存されるゆえ”という考え方があります。

私なりの解釈をさせていただくと、冷凍保存するということは、その時点でその出来事を消化することが難しいから、ということだと思います。
食材をその時に消費できないからいったん冷凍庫に入れるのと似ています。

あまりにもつらく苦しい出来事は、それに直面し受け入れることが難しいばかりでなく、その出来事を正確に認知することもできません。
だから、いったん心の中で保留にするしかないわけですね。

しかし、認知できなくて保留にするということ=その体験をしていない、ということにはなりません。
その体験は記憶のどこかに存在しているにもかかわらず、心の中では認知できないような状態になっているわけですね。

そうすると、その体験は自分自身のコントロール下におけてないということになります。
体験の方が自分を支配している状態ですね。
ゆえにその冷凍保存されている記憶は脅威となって姿を現すこと-つまりフラッシュバックが生じます。

逆に言えば、日常の些細な体験は消化することができ認識しているがゆえに忘れることも出来るし、些細な体験にふりまわされることもありません。
自分のコントロール下にあるからです。

フラッシュバックは人間関係上のトラウマだけでなく、交通事故を起こされた方なども生じることがあるようです。

また、冷凍保存するのはあまりよくないということではなく、その時点・その状況ではベストな方法だと私は思います。
人間、そんなに強くなくて当たり前ですからね。

しかし、いづれはこの脅威をどう自分のコントロール下においていくか、または、この現象とどうお付き合いしていくか、ということが大切になってくるんだと思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。