カウンセリング・悩み相談の心in所沢

心理カウンセラーが綴るカウンセリングの小話&日記

心理カウンセリング、心の悩み相談はこちらです(管理人所属の相談室HP)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームの与える影響(2)

ゲームの与える影響(1)の続き

産業や経済の面からも消費者の側からも、既にゲームは必要とされているものになっています。
良い・悪い、ではなく。
なので「ゲームを禁止にする・排除する」という発想ではなく、「あるものはある。リスクを含めそういったものとどう付き合っていくか」ということが大切になってくるんだと私は思います。

つまり、禁止・排除ではなく マネジメントですね。

この研究の著者は「…母親がインターネットの接続を切ると、家庭内暴力や部屋の破壊行為を行った」生徒との面接が、この問題(オンラインゲーム依存の危険性)に着目したきっかけだ、としています。

私が注目したいのは、母親が“接続を切った”という部分です。
文脈は分かりませんが、もしこの行為が突然に行われたのなら、子どもにとってはそれは強烈な否定・排除になりかねない、と思います。
この“否定・排除”の部分を“マネジメント”に変えることが大切なんだと思います。

家庭レベルだけでなく社会レベルでも同じです。
たとえば、百害あって一利なしと悪名高い たばこ。
しかし、たばこの会社自体が、たばこの健康害のリスクをお知らせし、タバコのマナーを世に世広めるなどのことをしています。
その上で、楽しみましょう、と。

ゲーム業界も、今後ますます、このようなマネジメントを促進する取り組みが大切になってくるのではないかと思います。
同時に楽しさを追求できたらとてもいいなぁと感じます。

あと、思いつきですが、オンラインゲームの依存性に関しては、ゲームだけでなくネットの常時接続(定額制)が大きな要因の一つになっているような気も私はしています。
ダイヤルアップだと、制限がある分、自然にマネジメントが含まれる面もありますからね。
もちろん、常時接続が悪いということではなく、賢くそれと付き合っていくことが大切なんだと思います。

※参考・引用

平井大祐 葛西真記子:オンラインゲームへの依存傾向が引き起こす心理臨床的課題 潜在的不登校・ひきこもり心性との関連性 心理臨床学研究,24-4 P430-441



FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。