カウンセリング・悩み相談の心in所沢

心理カウンセラーが綴るカウンセリングの小話&日記

心理カウンセリング、心の悩み相談はこちらです(管理人所属の相談室HP)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族という視点(2)

家族という視点(1)の続き

心理的な問題ということで考えた時、素因ということもありますが、やはり“関係性”という視点は外せません。

家族というものは、家族成員それぞれが密接な関係を持ちつつ、それ自体一つの単位(要素)として機能しています。
家族を一つの単位(要素)と考えるのですね。
家族さん、という一人の人や生物を想像してもらえるといいかもしれません。

“家族さん”を人と考えると(生物でもいいですよ)、家族さんは自らのバランスを保とうとする傾向があります。
たとえば、人が空気椅子(?!)をする時に足や膝や手に力をいれてバランスをとったり、左目の視力が悪い人は右目をより多く使うように、家族さんもこの世界の中で自らのバランスをとりながら頑張ってるわけです。

上の例では、膝や足に力をいれたり右目を多く使っているので、当然ながらそれらの部位には負荷がかかりがちです。
その負荷が強すぎると、その部位が故障したりなんらかのダメージがあります。
これがIPですね。

ですから、ダメージのあった部位のケアということも大切になりますが、その部位だけでなく両目の視力としてのケアを考えたり、空気椅子をやめる、ということをしてもいいわけです。

このように、当人をケアするという発想のみならず、“家族さん”として問題をとらえ、IPを含めた家族に介入するという発想もあるのです。
まあ、介入までいかなくてもこの発想があるだけでも時に役立ちます。

誤解なきよう言っておくと、この発想はパパが悪い・ママが悪い・お姉ちゃんが悪い…等のことではなくて、“家族さん”としてとらえようということです。
つまり、主体を家族としてとらえれば(自分がIPでなくとも)IPの痛みも自らの痛みであり、家族という自分のためのケアである、と考えることもできるかと思います。

また、家族さんという一つの単位として考える有用性は、家族成員それぞれの結びつきがどれほど濃密かということも関係してくるかな、とは思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。