カウンセリング・悩み相談の心in所沢

心理カウンセラーが綴るカウンセリングの小話&日記

心理カウンセリング、心の悩み相談はこちらです(管理人所属の相談室HP)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「苦役列車」感想

芥川賞を受賞した、西村賢太さんの「苦役列車」を読みました。

私は、文学なんて全然分からないし、ましてや芥川賞受賞の凄さもよく分からないのですが、TVで見た何か内に抱えてそうなラフな男性(著者)、本は99%実際にあったこと、ということで興味はもってました。

その後、本屋で見かけて衝動買いです。

芥川賞作品に私の稚拙な感想なんて書いていいのか分かりませんが、まあ定価で買ったのでそれくらいいいですよね(笑)。

買う前は、貧しい日雇い労働時代の美しい青春が描かれているのかと思ってました。
まあ、それも間違いではないかもしれませんが、思ってたイメージと全然違いました。

主人公(おそらく著者)が、びっくりするくらいネガティブで歪んでいて、生育暦も含めた環境・状況もとても暗くて重い雰囲気でした。

数ページ読んで、(失礼ながら)「しまった」と思ってしまったくらいです。
予想外過ぎて。

でも、読んでいくうちに惹きこまれてはいきました。
特に、友達が全然いなくて心を閉ざしていた主人公に明るいお友達が出来はじめた頃からは。

その辺りは、この主人公に可愛らしさも感じましたし、瑞々しい青春の風景とも言えるかもしれません。

ところが、この主人公はとことんネガティブで我侭で依存的過ぎるため、徐々に良い関係が壊れていきます。
(「ところが」ではなく「やはり」というべきなのかもしれません。)
壊れていく描写が全然ドラマチックじゃないところがまたすごいです。

なんというか、すごくリアルなんです。
さすが、自伝小説。

私的には、こういうところがこの著者の凄さだと感じました。
嫉妬や憎しみなど自身のどろどろした部分や、友達と比較しての劣等感等、あまりにも自己中心的な妄想等、を余すとこなく書ききっています。

物語としてはドラマチックじゃないですが、誰もが目を背けたくなるような自身の内面をここまで描写した作品ってあまり見たことない気がします。

どんな著者なのか私には分かりかねますが、とことんネガティブでとことんそれを感じきっているところがこの方の魅力なのかもしれません。
感じきるって普通難しいですからね。

後半に収録されている別作品では、主人公が作家として活動している時期の話も出てきます。
ここでも主人公はひねくれています(笑)。

この主人公=著者は、一体どこに向かいたいのか、それが私には全然見えませんでした。
最終的に芥川賞をとっているという点では、遠くから見ればサクセスストーリーなんでしょうけど、サクセスストーリーとはまず感じられません。

私が時々思うのは、人生ってやはり特定の価値観からだけは語れない奥深さってあるよねってことです。
よく死ぬ前にならないと自分の人生がどうだったかなんて分からない、という方がいますが、そういうことも言えるかもしれないなと思いました。

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tcounsel.blog82.fc2.com/tb.php/58-07a49f9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。