カウンセリング・悩み相談の心in所沢

心理カウンセラーが綴るカウンセリングの小話&日記

心理カウンセリング、心の悩み相談はこちらです(管理人所属の相談室HP)

カウンセリングで大切にしていること

カウンセラーとして活動するようになってそれなりの時間が経ちました。

私が昔からカウンセリングで大切にしようと意識していたことは「どれだけ多くの人・様々なタイプに合わせていけるか」です。

年数を重ねるほど、考え方や細かい部分での変化はありましたが、上記の意識は昔から変わっていない気がします。

これは、すべてのニーズに応えられることを目指すということではありません(一カウンセラーとしての限界、カウンセリングそのものの限界という意味もありますが、カウンセリングに過大な期待を抱かれすぎている場合もありますので)。

そのニーズそのものを把握することにまずは意識を向けています。
特に初回面接や最初の数回は。

というのも、カウンセリングに来られる人というのは悩みも人柄も様々ですが、カウンセリングに対するイメージや期待も一人一人異なるので、自動的に把握・共有できるような簡単なものではないからです。

来室する方からすると「カウンセリングってこういうものだろう…」という想像もしくは固定概念があったりするのですが、その内容や程度がまた皆同じではないので、こちら側としてはまずはそのあたりから把握していく必要性が出てきます。

また、「カウンセリングってどんなものか分からないけど、来てみました」といったことを仰る方の場合でもひそかに期待している何かがあったりすることも実はあります。

臨床心理の分野ではよく「主訴」や「主訴分類」という言葉が使われたりするのですが(何について相談したいと表明したか)、同じ主訴でも人によってニュアンスや意味が違っていることが普通なので、まずは丁寧に話をきき、丁寧に質問することが大切になると実感しています。

そうやってお互いがどういう場にしたいか・どういう話をしていきたいか等がある程度共有できるようになると、ぐっと有意義な場になっていくように思います。

逆にここがズレたり、むしろカウンセラー側に細かいニュアンスを拾う姿勢がないと、カウンセラー側が一方的に持っていきたい方向に持っていってしまったり、来室者側が話はするもののどこか手応えがない…ということもあり得ます。

協力的な体制をつくり有意義な時間にするには、来室者側の協力も必要ですし、カウンセラー側の柔軟性と把握する努力も必要です。

私自身、今後も精進してきたいと思います。




トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tcounsel.blog82.fc2.com/tb.php/63-a39e9b1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad