カウンセリング・悩み相談の心in所沢

心理カウンセラーが綴るカウンセリングの小話&日記

心理カウンセリング、心の悩み相談はこちらです(管理人所属の相談室HP)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく不安

不安といっても色々でしょうが、今回は“漠然とした不安”についての小話です。

何に不安になっているのかよく分からないけど、でもなんとなく不安…っていうことありませんか?
漠然とした不安=対象のはっきりしない不安ってことですね。

これは、何か考えたくないものを無意識に考えないようにしている、ということかもしれません。
ただ、原因の話はともかくとして、いったん不安が漠然としたものになると、その不安が次から次へと他のものを巻き込んで不安がどんどん大きくなっていくという悪循環におちいることがあります。

不安の対象が一つあったとして、それを意識出来ていればそれ以上に不安が拡大していくことはあまりないのですが、意識できずにいると他の事柄にまで影響を及ぼしていきます。
意識できないということは、“不安の対象とされた事柄さん”の居場所が心の中でなくなっているということです。
居場所のない不安さんは、居場所がないのであちこちに進出して他を巻き込んでいくわけですね。

また、その影響で認知能力や処理能力が落ちてくるので、普段はどうってことないようなことや些細なことまで不安材料になり、同時にそのことも認識出来ていないという状態になっていきます。
そして、さらに“より漠然とした”不安に発展していくわけですね。

半分は既に述べている部分もありますが、また次の機会に、そういった漠然とした不安に対してどう対処するかって小話を書きたいと思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。